(1)貸工場の選定方法

kohjo.jpg

工場の移転を検討する際には、貸工場の費用面はもちろん、工場の既存設備によって初期費用の違いがでてくる。

・賃料
家賃相場は立地条件や設備によっても変化する。優先する点・妥協点を考慮しリーズナブルな物件を検討する必要がある。 あわせて共益費(管理費)、保証金(敷金)、礼金なども関わってくるため、確認が必要である。
・用途
製造内容が、工場選びの基準となる。また倉庫機能も果たす場合には保管設備、搬出入方法、駐車場の有無などの考慮も必要である。
・面積
作業人数、機械サイズ、作業スペースなど、工場内の面積の他、運送車両の台数なども配慮する必要がある。
・立地・道路
取引先へのアクセス、通勤時間、また、大型車両の規制がないか、車道の幅、混雑状態なども確認の必要がある。
また、通常運営上に必要な設備や床荷重等も検討する必要がある。